ルールとマナーを守ろう

最低限のルールやマナーを守っていこう。もちろん、店が禁止しているルールがあるよね。ゴト行為なんかは言うまでもないし、台移動とか、出玉共有とか、掛け持ち遊戯などは禁止されているホールであれば、そのルールをちゃんと守っていこう。

お金がかかちゃうと冷静になれないって気持ちもわかるんだけど、自分の事だけじゃなくて必ず相手の気持ちになって考えてあげようね。挙げればきりがなさそうだけど、通常人に迷惑がられる行動をいくつか挙げておくね。もしかしたら、あなたも気が付かずにやってる事かもしれないよ。

☆ 実際に自分は打っていないけど、隣で友人打っているのをずっと見ながら話をしている。

☆ 全然当たらないからといって、頭に血が上って台を蹴ったり殴ったりボタンを無駄に強打しているとか。

1つ目で、まずこれはよく見かける行為なんだけど、自分はいいかもしれませんが他に空き台がなくてあなたの台を打ちたいと思っている誰かがいるかもしれないよね。基本的に空いているパチンコ台だったとしても遊戯観戦は禁止されているお店が多いんだ。

次に2つ目です。一般的に多くのパチンコ台にはボタンがついているんだけど、いわゆる「パチンコ台のどつき」が最近多い気がするんだよね。これは誰が言い始めたかは知らないんだけど話によると、停止の瞬間に台を叩いたり、どつけば図柄が戻ったり、進んだりするみたい。本人は夢中で気がつかないかもしれないんだけど、すごくうるさいし目に付く行為なんだよね。

ボタンを強く押しても、弱く押しても演出になったりとか大当たりになるとかいうことは一切関係ないのに、、。そうやって毎回あまり強く押していると、ボタンが次第に効かなくなっちゃうう。店側も弁償しなさいとまでは言われないだろうけど、ハッキリ言ってすっごくいい迷惑。その後にも来る他のお客が、そのボタンの効かないものでやることになってしまうよね。

とにもかくにも、どういう意味でそういったことしているのかはわかんないけど、こういうのは本当に良くないことだよね。最低限のマナーは守って自分の遊びも楽しんでいこう。一般常識的に自分がイヤだと思うような行為や人から嫌がられるような行為はやらないように心掛けようね。

▲ 上へ戻る ▲

おすすめWEBサイト 5選

最終更新日:2017/12/7